UnivaPay

共創事例

UPRISE TALK Vol.1

UPRISE TALK Vol.1

9/15(火) 13:00(開場12:50)~14:15
※本イベントは終了いたしました。

mobileorder

UPRISE TALKとは?

株式会社ユニヴァ・ペイキャストは、新しい消費・生活様式が求められるこれからの時代において、共創していくことが重要だと考えています。
UPRISE(アップライズ)には、「立ち上がる」「昇る」などの意味があります。
パートナー様やエンドユーザー様と共に立ち上がり、「新たな価値を共創し、上昇」していきたいと思い、このように名付けました。

プログラム

~商取引のデジタル・シフトを共創する~
私たち株式会社ユニヴァ・ペイキャストは、創業以来ずっと、全国の小売店やサービス業店舗、オンライン上のショップやサービスを対象に決済サービスを提供してきました。
古くはオンラインクレジット決済が主流で、近年ではQR決済が脚光を浴びています。 そして提携先であるLBBではスマートモバイルオーダーシステムで飲食店の事前注文やテーブルからのオーダーの実現を、子会社であるユニヴァ・ジャイロンではSEOやMEOを通して「お店のことを知ってもらう」ためのサービスをそれぞれ展開しています。
初回である今回は、それぞれのサービス提供を通して見えてきた「コロナ禍による消費・生活様式と業界と変化」を主軸として、私たちの共創事例の紹介や、最新トレンドと近未来の展望についてパネルディスカッション形式でお送りします。

1st Stage コロナ前後での「商取引」の変化 (13:00〜13:20)
当社代表の中尾とCOOの関口が、コロナ禍の中で立案した経営計画を実行する上で体験してきた小売、サービス業、ECなどのそれぞれの業界の変化を通して「今後どんなことが考えられるか?」「どのようなものが私たちのお客様の成果に貢献できるか?」ということを軸にディスカッションします。

2nd Stage コロナ前後での「店舗向けサービス販売」の変化 (13:20〜14:00)
当社提携先である株式会社L.B.B.では、まさに三密対策と言えるような「スマートオーダーシステム」を開発・販売・提供しています。
また、当社の子会社にあたるユニヴァ・ジャイロンでは、インターネット上に存在する複数のロケーション(マップ)サービスに掲載されている店舗情報を一元管理できる「Yext」というサービスと、その調整のためのMEOツールを開発・販売・提供しています。
特に状況が激変している飲食店をターゲットにする2社が、それぞれの販売事例を紹介しながら、これからの「店舗向けサービス販売」の方向性をディスカッションします。